武蔵野・三鷹・西東京、中央線・西武新宿線沿線を中心とした
東京都内を中心にご対応する社会保険労務士事務所

社会保険労務士酒井嘉孝事務所
TEL 0422-56-8270無料相談はこちらから

社会保険労務士酒井嘉孝事務所 >> 業務一覧 >> 社会保険・労働保険の手続きについて

無料相談はこちらから

TEL 0422-56-8270

メールはこちらから

SRP

社会保険労務士酒井嘉孝事務所は全国社会保険労務士会連合会から個人情報保護について体制を整備している事務所として社会保険労務士個人情報保護事務所認証制度(SRPⅡ認証制度)の認証を受けています。

社会保険・労働保険の手続きについて

 

社会保険労務士の方の多くは企業の顧問契約を受託し、相談を受ける内容もその契約した業務の範囲内で行うことが多いようです。当事務所では顧問契約にとらわれずに企業、個人の方両方のご相談をお受けしています。

初回の出張のご相談は無料です。東京都内、近県であれば交通費もいただいておりません。2回目以降は業務として受注致します。

お電話か、お問い合わせフォームからご連絡ください。ご面会までにご用意いただきたい事項をご案内致します。
なお、ご相談の際は必ず、

  1. お名前・会社名(ご担当者様名)
  2. ご連絡先(できるだけ電話とメール両方)
  3. 具体的な相談内容

をお知らせください。

ご相談のご連絡をいただく際は「だれが、いつ、何をして(なんのせいで)、どんなことで困っている」など、具体的にお願いします。
企業様からのお問い合わせは、役員の数、従業員の数(できれば正社員の数とパートの数)、業種もお知らせください。

なお、友達など家族以外の代理の方のご相談もお受けできない場合もあります。

社会保険・労働保険新規適用手続き

社会保険と労働保険の新規適用の書類作成、届出を顧問契約を前提とせずスポット業務としてお受けいたします。起業・創業時はなにかと忙しく、こういった社会保険や労働保険の手続きは後回しになりがちですが、当事務所へおまかせいただければ丁寧にご案内しますので安心して本業に打ち込むことができます。

また最近、日本年金機構より社会保険未適用(未加入)の会社への案内が強化されています。案内を機にぜひ専門家の社会保険労務士へご相談ください。

新規適用の届出では同時に資格取得の手続きがセットで発生しますが、社員数10名様までの資格取得手続き、扶養異動届も込みの料金設定です。

★社会保険新規適用1件 25,000円(健康保険は全国健康保険協会の場合・消費税別)
★労働保険新規適用1件 25,000円(消費税別)

登記簿謄本、住民票などの証明書類をご用意いただきます。

資格取得・資格喪失手続きについて

2ヶ月を超える雇用見込みがあって1週間あたり労働時間が通常の労働者の4分の3以上となる場合には健康保険と厚生年金保険に、31日以上の雇用見込みがあって1週間あたりの労働時間が20時間以上となる場合は雇用保険に加入しないといけません(資格取得届)。

また、健康保険・厚生年金保険、雇用保険に入っていた方が退職された場合、資格喪失届を、また雇用保険に入っていた退職される方が必要ないと申し出がない限り離職票を交付しなければなりません。

当事務所では単発でのご依頼でもお受けいたします。

ご依頼いただきましたら手続きの流れと料金のお見積もりをいたします(料金表は一人当たりの金額)。ご納得いただけましたら料金をお振込願います。入金確認後当事務所より必要となる書類・ご提供いただきたい情報をご案内致します。

資格取得・資格喪失関係料金表(被保険者1名)

入社・退職1名さま単位のスポット契約の料金です。ご契約後、詳しい運用フローをご案内します。
全国健康保険協会以外の健康保険の手続きは手続き1名さまにつき2,000円追加させていただきます。
扶養異動届に国民年金第3号に関わる手続きを同時に行う場合は無料でご対応します。
離職票は原則としてご依頼いただいた会社さまへお届けいたします。

 

社会保険

雇用保険

離職票・離職証明書

入社に関わる手続き(取得)

3,000円

3,000円

-

退職に関わる手続き(喪失)

3,000円

3,000円

5,000円追加

扶養異動届手続き(追加・削除)

3,000円

-

-

上記3手続きに関わる理由書作成

5,000円

5,000円

-

※消費税を別途頂戴いたします

労働保険年度更新・社会保険算定基礎届

年に一度の労働保険概算保険料・確定保険料の申告(年度更新)、および社会保険の算定基礎届のご対応をいたします。計算を行う人数により見積をさせていただきます。スポットのみのご対応も歓迎です。

計算人数

10名様まで

30名様まで

50名様以上

労働保険年度更新

20,000円~

50,000円~

75,000円~

社会保険算定基礎届

20,000円~

50,000円~

75,000円~

※消費税を別途頂戴いたします

適正な社会保険料のチェック

日本年金機構や健康保険組合からの社会保険料の請求は毎月会社負担分と従業員負担分の合計で請求されます。健康保険料・厚生年金保険料はその人その人の給与に基づく等級で決まるので場合によっては一人一人異なるにも関わらずまとめて請求されるので本来のあるべき請求額と異なっているかもしれません。

例1:資格喪失届の届け出漏れ
従業員が退職したので資格喪失届を出すはずだったが出すのを忘れており、その退職した従業員の健康保険料と厚生年金保険料をずっと払い続けていた。

例2:産前産後休業、育児休業の社会保険料免除申請届け出漏れ
従業員が出産のため産前産後休業に入ったので健康保険と厚生年金保険の免除申請(産前産後休業取得者申出書)を出すべきだったが出さずにいたため、免除となるはずの保険料をずっと払い続けていた。

例3:月額変更届届け出漏れ、控除忘れ
月額変更により健康保険料・厚生年金保険料の控除額を変更したが年金事務所への届出がされておらず、請求額が変わっていなかった。

例を3つあげましたが、この他にも社会保険料が会社での想定額と実際の請求がずれる要因は種々あります。ほとんどの原因が届出漏れや届出遅れですが、特にこういった作業を社会保険労務士以外の外部の人に頼んでいるとズレが生じます。会社内の要因でも一手に手続きを行っていた方の退職による引き継ぎ漏れなどにより生じることもあります。
また、まれではありますが届出のタイミングにより年金機構のシステムに反映されずズレが生じる場合があります(この場合は翌月に調整)。

届け出は遅れても、適正に行われれば払いすぎた保険料は返還されますし、逆に少なければ追加で払うことも想定されます。

総務・人事の業務を行なっている方が少数である場合など特に定期的にチェックすることをお勧めします。なお当事務所でこの業務を行う場合、賃金台帳がエクセルで出力しご提供いただけることが条件になります。

適正な社会保険料のチェック業務料金

健康保険、厚生年金保険セットの料金です。この業務を行うだけでは保険料の返還や追徴をされることはありません。適正な保険料とするためには別途、資格取得届、資格喪失届、訂正や取り消しの届が生じます。訂正・追加の書類作成・届出を行う場合、表下段の「届出1枚につき」の料金がかかります。書類作成と届出を当事務所に依頼せず、自社で行う場合はこの料金はかかりません。

社会保険被保険者数

10名まで

30名まで

50名まで

51名以上

保険料チェック業務(消費税別)

50,000円

100,000円

150,000円

お見積もり

届出1枚につき(消費税別)

1,000円

1,000円

1,000円

1,000円

※消費税を別途頂戴いたします

まずはお気軽にお問い合わせください!

TEL:0422-56-8270

受付時間:平日9時から17時30分 定休日:土日祝

無料相談はこちらから

 

まずはお気軽にお問い合わせください!

ページ最上部へ