★就業規則作成の一般的な流れです。現在運用されている就業規則の変更についても変更する量の多少によりますがほぼ同様の流れになります。

1.初回お打ち合わせ・見積もりのご提示・ご請求
お問い合わせ、無料相談をうけてお見積もりをご提示いたします。あわせまして就業規則作成にあたっての詳細な説明を申し上げます。
初回打ち合わせを受けて就業規則「たたき台」を作成いたします。 お見積もりをご了承いただけましたら、ご請求書をお送りいたします。恐れ入りますが就業規則「たたき台」のご提示までにご入金をお願いします。

2.お打ち合わせ2回目・たたき台のご提示
就業規則「たたき台」をご提示します。これまでのお話を受けて作成しますが細かいところまで含めて一条づつ確認しながらご説明させていただきます。追加したい事項等がございましたら何なりとご指摘ください。

3.お打ち合わせ3回目・たたき台の修正
お打ち合わせの間にメール等でのやりとりも進めながらたたき台を修正します。

4.納品
更に修正を進め、データにて納品させていただきます。原則wordを想定しています。

5.就業規則作成届・就業規則意見書の作成
貴社にて従業員代表を選定の上、その従業員代表の方に就業規則を見ていただき、意見を求めてください。就業規則意見書に従業員代表の署名と押印をいただいてください。
あわせまして就業規則作成届の書類作成を行います。
※従業員代表の選定の仕方、就業規則意見書の作成方法は当事務所からアドバイス・ご案内させていただきます。特に従業員代表の選定の仕方は労働基準監督署より指摘が入る場合もあります。
※就業規則作成届も書類作成より当事務所からご案内させていただきます。

6.労働基準監督署への届出
就業規則と就業規則作成届、就業規則意見書を当事務所から労働基準監督署へ届出させていただきます。労働基準監督署からの問い合わせも当事務所にて行います。

7.就業規則の周知
貴社にて就業規則を従業員の皆様へ周知をお願いします。この周知により就業規則の一連の手続きは完了となります。
※周知の方法は当事務所からアドバイス・ご案内させていただきます。
※周知の方法によってはせっかく作った就業規則が成立しないこともあります。