業務中・通勤途中に起きた事故によるケガ、業務に起因する病気にかかった場合は業務災害・通勤災害とされ、健康保険証を提示して病院にかかることができません。

業務災害・通勤災害で病院にかかった場合の治療費は原則労災保険(国)から病院へ全額払われるため自己負担はありません(病院によっては最初に預かり金を求められる場合がありますが手続き書類を病院に出せば返還されます)。

また、業務中・通勤途中に起きた事故によるケガや病気により仕事を休まなくてはならなくなった場合、休んだ日の4日目より労災保険から給付があります(業務災害の場合の休業3日目までは会社が休業補償の支払いの義務があります)。

労災は手続きが細かく分かれておりますが、適時順を追ってご案内させていただきます。また、企業からのご依頼のほか労働者個人からのご依頼もお受けさせていただきます。

労災保険に関する手続き(届出書類作成1枚あたりの料金)

業務災害(労災)・通勤災害に関する手続きの料金表です。このほかに交通費郵送費の実費をご請求させていただきます。

会社側からのご依頼、被災労働者の方からのご依頼ともお受けいたします。

※被災労働者(ご遺族)からのご依頼の場合、障害、遺族の給付に関しては着手金をお預かり致します。入念に準備して手続きを進めます。不支給となった場合は着手金、その他の実費をご請求しその後のご請求は致しません。
 会社からのご依頼被災労働者からの依頼
療養(補償)給付10,000円10,000円
 労働者死傷病報告10,000円
 指定病院等変更届10,000円
 第三者行為災害届30,000円30,000円
休業(補償)給付
<初回>
30,000円30,000円
 休業(補償)給付2回目以降15,000円15,000円
障害(補償)給付50,000円着手金30,000円
年金支給額の2ヶ月分
遺族(補償)給付50,000円着手金30,000円
年金支給額の2ヶ月分
葬祭料(葬祭給付)10,000円10,000円