★労災海外特別加入手続き

従業員の方を海外へ駐在派遣するとき、海外で起きた事故は労災保険で補償されません。補償を受けられるよう手続きを行うことにより、日本で働いていた時と同じく派遣元の日本の会社の労災保険の適用下におくことができます。この手続きを労災保険の第3種特別加入といいます。この手続きを行なうことにより、万が一海外駐在中に外国での業務中に業務災害が起こった際も労災保険が適用されますし、海外駐在中も通勤災害が認められます。

労災保険料率も業種にかかわらず保険料算定基礎額(概ね派遣する方の年収)の1000分の3(0.3%)と一律です。

ご相談から初回の手続き完了までの料金 30,000円

この手続きを行うと6月から7月にかけての労働保険年度更新の申告用紙が1枚増えますがその労働保険料の計算・手続きは上記料金に含みません。